Mono Max (モノ・マックス) 2017年 02月号 《付録》 アーバンリサーチのショルダー&ビジネスバッグ

Mono Max (モノ・マックス) 2017年 02月号 《付録》 アーバンリサーチのショルダー&ビジネスバッグ
発売日:2017年01月10日
宝島社
Mono Max (モノ・マックス) 2017年 02月号 980円
《付録》 アーバンリサーチのショルダー&ビジネスバッグ





■ 発売情報
発売日:2017年01月10日
宝島社
Mono Max (モノ・マックス) 2017年 02月号 980円
《付録》 アーバンリサーチのショルダー&ビジネスバッグ
W41×H27.5×D9cm
素材:ポリエステル裏PVC貼り・ポリエステル
MADE IN CHINA

■ ききらら☆調べ
実測サイズ
重さ:312g

(本体)
高さ30.5cm  ●許諾なくブログ画像文章をコピーし●
間口幅46cm  ●他所で使用することはできません。●
最大幅41.5cm  ●転載および商用利用を禁ず☆ブログ主より●
底マチ10cm

(持ち手)
長さ25cm
幅3cm
立ち上がり9cm
肩掛け⇒×

ショルダーストラップ全長77-137×幅3cm 調節可、取り外し可

(ポケット)
深さ21.5×幅27cm

素材
(表地)
・ポリエステル
・1ミリ幅の糸を平織してある生地
・ギラギラした光沢
カラー:ブラック
ロゴイラスト:ラベル縫い付け
厚み:厚手
刺激臭:有

(間仕切り)
・ポリエステル
・きめ細かくしっとり
カラー:ブラック
厚み:やや薄手
裏コーティング:無
透け感:無
刺激臭:有

(パーツ)
持ち手、ストラップ:しっとりサラサラなポリエステル やや厚手
ストラップ部品:プラスチック
ファスナー引手:合金 全長2.6センチ
ファスナー務歯:ナイロン 鈍い開閉

縫製
本体:真っ直ぐキレイに縫われている 製品並み
持ち手:縫い代6ミリ
内側サイド~底:PVCビニールテープ
内側入れ口:断ち切り
ポケット口:断ち切り

コラボブランド:URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

■ コメント

昨年発売のMono Max (モノ・マックス) 2017年 01月号付録、BEAMSのBIGトートバッグと同じく、1ミリ幅の糸を平織してあるギラギラした光沢の生地。黒一色でビジネスに向いた印象のデザインです。

今回は撥水加工付きではないみたいで、試しに水をかけたところ即染みこんでいきました。生地裏の裏PVCコーティングのおかげで内部は濡れてません。

付録バッグにはパイピングなど角を縁取るものがなく形が安定せず、中身に入れるものによってその重さで型崩れする、ビジネスバッグ風のソフトケースですから一般的なビジネスバッグに求められる耐久度は期待できないと思います。

個人的には持ち手の短さと生地の臭いが気になりましたのでキープ無し。この付録アイテムの底マチが広くて、キャリーカート用のボストンバッグにできそうなサイズだったら欲しかった。

 ビジネス用途じゃないならあり


■ 関連リンク

MonoMax(モノマックス)│宝島社の雑誌

URBAN RESEARCH | アーバンリサーチ 公式ブランドサイト

■ 関連レビュー
Mono Max (モノ・マックス) 2017年 01月号 《付録》 BEAMSのBIGトートバッグ

MoMono Max (モノ・マックス) 2016年 03月号 《付録》 SHIPS Days Wファスナーケース 

■ 次号予告
発売日2/10(金)Mono Max (モノ・マックス) 2017年 03月号
《付録》
ナノ・ユニバース本革長財布

■ アフィリエイトリンク アマゾン / 楽天ブックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。